正しい洗顔方法

朝におすすめの水だけ洗顔とは

洗顔といえば、朝起きた時とお出かけから帰ってきてメイクを落す時、あるいはバスタイムを利用して一日二回程度行う方がおおいのではないでしょうか。もちろんメイクをした肌はそのまま放っておけば乾燥やシワ、クスミの原因となってしまうのでできるだけ早く丁寧にクレンジングと洗顔を行うことが肝心ですが、朝起きた時の洗顔についてはどうでしょう。就寝に向けてしっかりと洗顔ができていれば、その後は自宅で寝て起きただけなので、お肌に汚れが付く事はありません。

そこで朝のお手入れにおすすめなのが、水だけで顔をあらう方法です。朝のお顔は、適度に肌から油分が出て、それがお顔全体をカバーするように守っている状態です。そこで水で優しく、ごく軽く洗い流すことで、就寝中にお顔に付いたほこりや余分な油だけをサラリと洗い流し、必要な油分は残した状態をキープできます。水だけで洗うことで、お肌の皮脂状態が安定したまま続いてメイクに入れるので、下地やファンデーションも付きがよく、一日中化粧崩れをしにくいのも特徴です。

朝用意するお水は冷たいものは避けて、温かすぎないぬるま湯がちょうどよいでしょう。できるだけお肌に刺激を与えないように、手のひらにたっぷりとお水をとって、なでるように洗うのがポイントです。

顔に負担をかけない洗顔をする

毎日洗顔をすることは、常に肌を露出している肌を清潔に保つ役割があります。肌が露出していることにより、空気中の汚れが付着することになりますし、余分な皮脂が多ければ雑菌の繁殖にも繋がります。この汚れた肌を綺麗にするのが洗顔です。
しかし、ただすればいいというものではありません。肌が露出していることにより、肌は常に様々な刺激にさらされている状態です。そのうえ、綺麗にしようとゴシゴシと強い力を入れて洗っていたのでは大きな負担となります。
また、皮脂の分泌量が多い人の場合では、その皮脂によってニキビの原因となるため、強い洗浄力の洗顔料を使って洗っているという人も多くいます。肌を常に清潔に保ちたい、ニキビの原因となる皮脂を取り除きたいという気持ちは分かるのですが、そのような洗い方をしていると、肌に大きな負担となり敏感肌や乾燥肌の原因となってしまいます。常に露出している顔の肌には、できるだけ刺激の少ない洗顔料で肌をいたわるように洗うことが大切です。
また、皮脂の分泌量が多いという人でも、皮脂を落としすぎればさらに多くの皮脂が分泌されるようになってしまいます。肌をいたわり、自分の肌の状態にあった洗い方を身につけることが重要です。

おすすめWEBサイト 8選

福島 看護師 求人
http://www.jinsenkai.or.jp/kangobu/
アトピー治療 久留米
http://www.fujiyosi.jp/services/atopy.html
プロフィールビデオ
http://www.celebrities-wedding.com/
kaitotte[カイトッテ]|リユース(買取)に関する情報サイト
http://kaitotte.jp/
アスペルガー診断
http://kidshug.jp/d_grow/d02/dc03/
奨学金
https://www.mainichi-ikueikai.com/
イノシシ対策
http://ep-labo.com/out_ino/
名古屋 お見合い
http://www.duo-bridal.com/

Last update:2016/8/10